理想の結婚式場を選んでHAPPYウエディング│ゲストも主催も幸せ

思い出に残る式にするため

結婚

雰囲気が大きく変わる

お付き合いをしている彼女にプロポーズをして結婚することが決まった後、次にすべきことはもちろん結婚式の準備です。そのなかでも結婚式の雰囲気を大きく左右する要素のひとつが誰に招待状を送るのかという部分です。本当に親しい家族や友人だけに招待状を出して少人数で結婚式をする方法もありますし、これとは逆にたくさんのお世話になった人たちに招待状を出して盛大に結婚式をとり行う方法もあります。少人数の結婚式も大人数の結婚式もどちらにもメリットがあるので予算と相談をしながら自分たちに合ったスタイルを模索するのがおすすめです。ただ、どんなゲストを何人ぐらい呼ぶかで結婚式の中身が大きく変わるという点についてはきちんと意識しておきましょう。

早め早めがおすすめ

ゲストに招待状を送る時には最低でも結婚式の2カ月前までに届くように手配をするべきです。早め早めに招待状を送っておくことでゲスト側もスケジュールの調整がしやすくなりますし、そういった配慮が結婚式当日にやってきたゲストの祝う気持ちにも大きく反映されます。ウェディングプランナーの人などがアドバイスをしてくれる場合にはきちんとその辺りについても教えてくれますが、すべてを自分たちでプロデュースする場合には少し気を付けましょう。ほかにも、早めに招待状を送っておけば欠席者が出てしまった場合でもすぐに対応することができます。第二候補や第三候補に考えていたゲストに余裕を持って新しい招待状を送れますし、結果として結婚式当日にテーブルに空席ができてしまうのを防げます。